花みち元気塾通信 2021年7月号「この夏、一歩大人に」

特別授業

 最近、国語や算数・数学などの科目の勉強に関すること以外の学習も次第に増えているように思います。
 
 携帯電話の使い方の講座、赤ちゃんに触れて命の誕生を考える講座、職業について考えるキャリア講座、お金についての講座など生きていく上で必要な知識とマナーについての教育はこれからを生きる子どもたちにとってとても重要だと思います。
 
 三角関数について知らなくても生きていけますが、お金について知らなければ生きていくのに困ってしまうかもしれません。
 
 勉強には進む進路に合格するために必要な学習と生きていくために必要な学習の2種類があるように思うのです。
 
 もちろん計算や漢字などは両方にリンクするもので不可欠ですが、進路が決定した後の学習は次第に生きる上での学習に変わっていくように感じます。
 
 勉強の力は持って生まれた能力に左右されることもあるかもしれませんが、生きていくために必要な学習は身に付けて実際に使えるようになることも大切です。
 
 私は小学生高学年、中学生に「表現」という授業を取り入れています。
 今まで行った内容は、
「無人島に持っていくものを考えよう」
「身体に良いハンバーガーを考えよう」
「劇やダンスなど身体を使って表現しよう」
「100万円あったらどこの国へ旅行に行く?」
など多くの内容を考えて実施してきました。
どの内容も自己の考えを他人に表さなければ伝わりません。
 最初は恥ずかしがっている子ども達ですが、皆こういった学習が大好きです。普段自分では気が付かない楽しさに触れ、周囲の多様な考えを感じるのではないかと思います。
 
この夏、夏期講習として表現講習を開催したいと思います。他人が自分をどう見るかといった客観性に触れ、覚悟を持って声にだして自分を表現すること。勉強は机上の上だけではないのです。
私はそこに世の中で味わう不合理な部分も含めたいと考えています。

この夏子ども達が一歩大人になった自分に出会えることを目指したいと思います。

夏休み「表現」講習詳細・申し込みはこちらからどうぞ