花みち元気塾通信「学び続ける子ども達」2022年2月

花みち元気塾通信

公立中高一貫校入試の日。
3年間見てきた子ども達が無事皆受験することができほっと一息と感じているその時、受験した生徒から一件のメールが来ました。


「今日は何時に行ったら良いですか?」
「はあ?」
昨日は保護者の方も交えて
「長い間ありがとうございました。
明日は力が出せるよう祈っています。
〇〇くん頑張って」
と肩を叩いたばかりなのに。
そして次の日からまたほぼ同じメンバーが自習に来ていました。

入試に関係なく、そして合否に関係なく学習している姿にある意味不思議さを感じました。
「入試の前後で同じ風景が続いているなんて!」
しかし考えてみると興味関心あることはやりたいこと、行きたいと思うことは居場所であること。これは無理矢理な勉強を強いて来なかったからという証拠になっているのだったらとても嬉しいことです。

そして誰からも強要されたわけではない主体的な学習と言えるのかもしれません。

私は中学受験を終えて、生き生きできない子達を少なからず見てきました。
やらされ感だけが残ってしまったように見え、そこに一石投じたい気持ちになって受験コースを作ったのも事実です。

では私は何をしてきたか?
わからない時補習する、
お菓子や飲み物を出して気分転換する、
卓球やトランポリン、パズルなど勉強ではないが、何か勉強にも通じることを一緒に楽しむ、
このくらいしただけです。

子どもの持つエネルギーは大人が思っている以上に計り知れないものがあるように思います。
そのエネルギーがスムーズに出せるようなお手伝いをするのが私の役目なのかと。
自分の子ではなかなかできないけれど、他の人の子には出来るのもまた事実です。
最後まで諦めず、皆が受験を終えてもひたすら教室に来て勉強し続けた子もいます。
最後に合格を勝ち得た子には執念さえ感じます。
大人が子どもの見本ではなく、子どもから大人が学ぶことがたくさんあります。
大人は一体何を子どもに求めているのだろう?
「今を精一杯生きることの大切さ」
それを教えてくれるのは子ども達自身なのかもしれません。

今年の中学受験合格実績です月末お便りに載せたいと思います。

2021年度実績

江戸川学園取手中学校
常総学院中学校
土浦日大中等教育学校
東洋大牛久中学校
並木中等教育学校 
函館ラサール中学校
茗溪学園中学校
(50音順)

2020年度実績

常総学院中学校
土浦一高附属中学校
土浦日大中等教育学校
(50音順)